ハワイ留学生をサポートするハワイ留学専門店
IIE 公式日本事務局 イーストマンハワイ

月曜~土曜 10:00~17:00 | TEL: 03-5799-9920

ハワイ生活について | ハワイトピックス

Topics
ハワイの宿泊形態について

ハワイ留学の滞在方法は色々な選択肢があります。コンドミニアム、ホテル、バケーションレンタル、アパート、学生寮などなど。 これらの滞在の呼び名は会社により定義が異なりますが、ここでは最も一般的と思われる滞在の呼び名の意味と、どのような方におすすめかをご案内します。

ホテル

いわゆる短期滞在の観光客の宿泊するお部屋。キッチンなしが一般的です。私立の英語学校では通常グループレッスンは1週間単位で、プライベートレッスンは1日単位で申し込むことができます。そのため、3泊5日の3日間集中プライベートレッスンコースなど、旅行感覚での留学も可能です。このような短い滞在であれば、キッチンは必要なく観光客が泊まるようなホテルに滞在する方もいます。ホテルのランクはエコノミークラスからビーチフロントのデラックスクラスまで様々です。エコノミークラスであれば、キッチン付きのコンドミニアムよりも経済的です。1週間くらいの短期留学であればホテル滞在がおすすめです。

コンドミニアム

本来コンドミニアム(Condominium)という言葉は米語で「土地が共同所有で、部屋だけが個人所有のマンションの一室、もしくは建物全体」いう意味です。つまり分譲マンションのこと。 しかし、日本の旅行用語ではキッチンのないホテルルームと区別するために「キッチンの付いた長期滞在者用の部屋」という意味で使われることが多いようです。フロントデスクがあり、ベッドメイキングのサービスもある観光客が使う部屋をキッチンがなければ「ホテル」と呼び、キッチンがあれば「コンドミニアム」と呼びます。フロントデスクがお部屋を管理しているため全ての部屋が同じような家具や内装となっています。

2週間以上の滞在であれば、やはりキッチンは必要でしょう。通常のホテル滞在と同じようにフロントデスクでチェックインし、お部屋に問題があればフロントスタッフに相談できます。通常のホテル滞在と同じですが、お部屋にキッチンがついているため長期滞在者向けです。私立の英語学校や留学会社によっては、留学生用に長期割引料金の契約をしている場合もあります。その多くは1ヶ月以上の滞在者用の割引料金ですが、7泊以上から長期割引料金の設定をしているコンドミニアムもあります。長期割引料金の場合、ベッドメイキングは毎日ではなく週1回となることが多いでしょう。 滞在期間が2週間~3ヶ月未満でフロントデスクのサービスを受けたい方におすすめです。

バケーションレンタル

管理会社が管理する長期契約の部屋。保証金が入室前に必要です。個人所有の部屋の管理を任されている管理会社が1ヶ月以上の長期滞在者用に貸し出す部屋。フロントデスクのサービスはありませんが、多くの場合宿泊施設内に管理会社のオフィスがあり、そのオフィスでチェックインをします。同じ建物内の部屋でも、家具や内装が異なるため部屋により料金に差が生じることがあるでしょう。ベッドメイキングの有無は管理会社により異なります。お部屋に問題があれば管理会社に相談できますが、フロントデスクのように24時間体制ではなく土日祝日はお休みの場合もあります。フロントデスクのサービスが不要で経済的に滞在したい1ヶ月以上の滞在者におすすめです。

アパート

オーナーが管理する長期契約の部屋。通常家賃の1ヶ月分の保証金が入室前に必要です。 個人所有の部屋をオーナー(お部屋のオーナーもしくは管理会社)を通して借ります。もちろんベッドメイキングなどのサービスはありません。お部屋に問題があった場合はオーナーに相談します。オーナーが遠いところに住んでいたりすぐに連絡が取れなかったりと不便なこともありますが、魅力はやっぱり経済的な滞在費。3ヶ月から1年の契約が主流ですが、オーナーによっては1ヶ月間の滞在でも貸してくれることもあります。長期になればなるほど1ヶ月あたりの家賃は安くなる傾向があるので上手に交渉しましょう。何よりも料金優先という1ヶ月以上の長期滞在者におすすめです。

学生寮

学生専用の宿泊施設。通常一人部屋(シングルルーム)と相部屋(シェアールーム)があります。宿泊施設の形態は様々。ビル全体が学生寮になっていることもあれば、コンドミニアムの一部の部屋を学生寮として利用していたり、寝室の多い一戸建をシェアハウスとして学生用に利用していることもあります。シャワーやキッチンは部屋にある場合もあれば、施設内の共有スペースにある場合があります。料金面では相部屋であれば他の宿泊施設と比較して経済的と言えますが、一人部屋の場合の滞在費は割高となり学生寮に宿泊するメリットが小さくなります。他の留学生との交流を求める方、経済的に滞在したい方におすすめです。 このように滞在の呼び名の解説をしましたが、各会社によって定義が異なるため 上記は参考程度に見て下さい。また同じ建物内でも色々な宿泊形態が混在する場合もあることも認識しておきましょう。例えば、ワイキキにある高層宿泊ビルは部屋数が700部屋以上あります。1階にはフロントデスクがあり全部屋数の約半分の部屋をコンドミニアムとして管理しています。残りの半分は部屋のオーナー自らが住んでいるケースもあれば、アパートとして貸し出しているケースもあります。これらの違いを理解しておかないとアパートの部屋に滞在している宿泊者が電子レンジが壊れたなどの問題をフロントデスクに相談したのに対応してくれない、というようなことが起きてしまうのです。どの形態のお部屋に泊まっても、何か問題が起こった場合はだれに相談すればよいかということを予約時に確認しておきましょう。

ホームステイ

ホームステイの詳細はこちら