About Accommodation

役立つハワイ滞在先知識

Topics部屋タイプの違い

ルームカテゴリ

「2ベッドルーム=ベッドが2台ある部屋」ではない!?コンドミニアムのお部屋タイプについて

部屋の間取りを説明する場合、日本では一般的に「1DK」「3LDK」といった表現を用いますが、アメリカでは 「Studio(スタジオルーム)」、「1 Bedroom(ワンベッドルーム)」、「2 Bedroom(ツーベッドルーム)」 のように表すのが一般的。

この言い方はコンドミニアムなど宿泊施設の間取りを説明する際にも使われます。下記はハワイのコンドミニアムによくあるお部屋タイプとそれぞれの特徴です。

スタジオルーム(キッチン付きワンルーム)

ルームカテゴリ
  • 間仕切りのない1つの空間に、ベッドとリビングルームがある間取り
  • ベッド数は1~2台
  • 日本のワンルームマンションのような作り。
  • キッチンは簡易キッチン(キチネット)の場合が多いが、中には大型冷蔵庫やオーブンなどを備えた"フルキッチン"の部屋も

ワンベッドルーム(キッチン付きリビングルーム+寝室1部屋)

ルームカテゴリ
  • キッチンを備えたリビングルームと寝室×1部屋の間取り
  • フルキッチン付きが一般的
  • リビングルームと寝室の間に間仕切り(カーテンや壁)がある部屋や、間仕切りはなく、家具などのレイアウトで部屋のスペースを区切っている部屋がある
  • 寝室のベッド数は1~2台。リビングルームにソファベッドがある部屋は、4~5名の滞在も可

ツーベッドルーム(キッチン付きリビングルーム+寝室2部屋)

ルームカテゴリ
  • キッチンを備えたリビングルームと寝室×2部屋の間取り
  • フルキッチン付きがが一般的
  • 寝室は大型サイズのベッドが1台の"マスター・ベッドルーム"と、小~中サイズのベッドが2台の"ゲスト・ベッドルーム"に分かれることが多い
  • リビングルームにソファベッドがある部屋は、5~6名の滞在も可
  • 通常のバスルームに加え、マスターベッドルームにもバスやシャワーがある"2ベッドルーム・2バス"の部屋もある

上記のタイプにはあてはまらないお部屋もあります。番外編

ホテルルーム(キッチンなしワンルーム)

ルームカテゴリ

上で紹介した「スタジオルーム」のキッチンなし。日本のホテルに多いタイプ、と言うと分かりやすいかも知れません。食事はすべて外食という方や短期滞在の方に向いています。

シェアハウス(個室付き共同住宅)

ルームカテゴリ

寝室は個室、リビングルームやバスルームは他の滞在者と共同、というタイプが一般的。中には個々の寝室にバス、トイレを備えたシェアハウスもあります。


役立つハワイ滞在先知識

About Accommodation


お役立ち情報

TOPICS

CONTACT

お問合せ

カウンセリングお申込み・資料請求・
ご質問・ご相談はこちらから

 03-5799-9920

受付時間 : 月-土 10:00〜18:00

留学の際は必ず必要になる海外留学保険
ハワイコンドミニアムオーナー
ハワイ土産
ハワイ専門店オンラインショップ