ハワイ留学生をサポートするハワイ留学専門店
IIE 公式日本事務局 イーストマンハワイ

月曜~土曜 10:00~17:00 | TEL: 03-5799-9920

ハワイ王朝時代10 | ハワイトピックス

ハワイの歴史

ANNEXATION
併合への道

臨時政府(1893年~1894年)

1893年に王朝が崩壊し、Sanford B. Dole(サンフォード Bドール)が大統領に就任し、安全委員会が臨時政府を設立します。

ハワイ共和国(1894年~1898年)

米国大統領Grover Cleaveland(グローバー クリーブランド)は、ハワイ併合に反対していました。そのため併合賛成派は1894年にハワイ共和国を宣言し、Dole が再度大統領に選出。革命には懸念を抱いてはいたものの、ハワイと国交のあった国々がハワイ共和国を承認したため、米国も同調することになりました。

併合(1898年)

1898年7月、Mckinley(マッキンレー)大統領が併合への文書に署名。1900年、正式な手続きを経てハワイは米国の属領となります。