ハワイ留学生をサポートするハワイ留学専門店
IIE 公式日本事務局 イーストマンハワイ

月曜~土曜 10:00~17:00 | TEL: 03-5799-9920

現代のハワイ(1900年~) | ハワイトピックス

ハワイの歴史

TERRITORY OF HAWAII
属領としてのハワイ

1900年~1959年

併合後、ハワイが属領だった59年間、ハワイ住民は所得税を払い、裁判官と知事は大統領によって任命されました。選出する下院議員には意見は言えるものの投票権がありませんでした。 Jonah Kūhiō Kalaniana'ole(ジョナ クヒオ カラニアナオレ)は1902年から1922年まで議員を務めました。彼は海兵隊のために真珠湾浚渫を援助し、1920年にはHawaiian Homes Commission Act を可決に導き、Order of Kamehameha およびHawaiian Civic Clubs を発案しました。

1900年代初期の パイナップル産業

Sabfird Ballard Dole の甥であるJames Dole がオアフ島の中心のにある Schofield (スコーフィールド)台地にて初めてのパイナップル農園を発展させます。このときも以前同様、農園で働く労働者を海外から受け入れます。

アメリカの州に(1959年)

1959年、ハワイは米国50番目の州となります。