Hawaiiana

ハワイの文化&歴史

LILI'UOKALANIリリウオカラニ

1891年~1893年統治

1891年、弟のカラカウアがサンフランシスコで予期せぬ死をとげ、聖職者だったLili'ukalani(リリウオカラニ)は、女王の座に就任します。その数ヵ月後、夫と彼女の重要な助言役だったJohn Owen(ジョン オーエン)が亡くなりました。

女王の退位(1893年)

併合賛成派は勢力を増していきました。女王は支援者を閣僚に任命し、銃剣憲法の下で権力を強めようと努力しましたが阻まれてしまいます。女王は非難され、安全委員会が米国艦隊を沿岸に呼び寄せる事態へと発展。女王は強さに勝るアメリカ政府軍との戦いで多くの命が失われることだけは避けたいと、米国政府の武力に屈します。

ハワイ共和国(1894年)・女王の幽閉

1893年から1894年のハワイ共和国発足の宣言までは臨時政府が政権を担い、共和国宣言時にはSanford B. Dole(サンフォード B ドール)が大統領に就任します。1895年1月、女王に忠実な者たちが氾濫を計画します。氾濫は鎮圧されますが、女王はイオラニ宮殿に幽閉され、彼女はこのときにTha Queen's Prayer を作曲。女王の甥であるDavid Kawananakoa(デービッド カワナナコア)とJohah Kūhiō Kalaniana'ole(ジョナ クヒオ カラニアナ オレ)もIwilei(イウィレイ)に投獄されますが、後に皆が釈放、または仮釈放されます。

女王の遺産

女王は君主制を回復させるため、後世にワシントンプレイスの家とワシントンDC を何度も往来します。そして1917年、女王は79歳でこの世を去ります。彼女は国民への遺産としてQueen Lili'uokalani children's Cneter を残し、ハワイ人の血を引く孤児と片親の子供たちに授けられました。


ハワイを感じる

日本のフラスクールを探す
ハワイ語を学ぼう
キャプテン・ジェームス・クック

ハワイ王朝時代

カメハメハ1世
カメハメハ2世
カメハメハ3世
カメハメハ4世
 カメハメハ5世
ウィリアム・チャールズ・ルナリロ
デビッド・カラカウア
リリウオカラニ
その他のハワイの主要王族
ハワイ併合への道

現代のハワイ(1900年~)

属領としてのハワイ
人種のるつぼ
ハワイ建築
土地の所有権

CONTACT

お問合せ

カウンセリングお申込み・資料請求・
ご質問・ご相談はこちらから

 03-5799-9920

受付時間 : 月-土 10:00〜18:00

トビタテ留学JAPAN
ハワイコンドミニアムオーナー
留学の際は必ず必要になる海外留学保険
ハワイ航空券手配